血糖値を正常に

医療技術分野では、100%信頼できる機器やドライブが必要とされます。イプソメッド (Ypsomed) 社のインスリンポンプには、最高品質のコンポーネントのみが使用されています。
  • 写真:イプソメッド (Ypsomed)

    写真:イプソメッド (Ypsomed)

ズボンのポケットに収まるほど小型の黒いボックスは、一見なんの変哲もありません。しかし、その中には最高水準の技術が収まっているのです。スイスのインスリンポンプメーカ、イプソメッド (Ypsomed) 社をご紹介します。同社は、糖尿病患者の生活における負担を軽く、簡単なものにすることを目指しています。YpsoPump(イプソポンプ)と名付けられた機器は、必要に応じ、指定された量のインスリンを細いカニューレで患者の皮下脂肪組織に注入します。これは、糖尿病患者は一日に何度も自分で注射する必要がなく、数日に一度カニューレ付きのホースを交換するだけで済むというメリットをもたらしています。装置内のインスリンアンプル交換や、バッテリ挿入も非常に簡単です。重さは80g強のこのポンプは、携帯電話より軽量です。スマートフォンと言えば、このポンプはBluetoothを介してノートパソコンや電話と通信し、これらの端末に重要な治療データを表示します。
ポンプ自体はタッチスクリーン付きで、直感的に操作できます。YpsoPumpは、信頼性の高いインスリン供給を継続的に必要とし、毎食ごとにインスリンを追加して血糖値を調整する必要がある、1型糖尿病の患者に特に適しています。「操作の簡易化と最新技術の導入がYpsoPumpの開発における重要な目標でした」と語るのは、ブルクドルフに拠点を置く同社の製造部長、トーマス・ツェルナー氏です。「患者さんからのフィードバックによれば、私たちは正しい方向に歩んでいるようです」イプソメッドの製品ラインナップには、他にも血糖値測定システム、Pen-Nadeln(ペン・ナーデルン)など、糖尿病患者の生活を容易なものにするための機器やサービスが用意されています。

ポンプが1型糖尿病をサポート

私たちの血糖値は常に変化しています。健康な人間の膵臓は規則的にインスリンを分泌しています。このホルモンは、ブドウ糖が細胞に取り込まれるようにし、血糖値が高くなりすぎないようにする働きを担っています。糖尿病にかかると、膵臓からインスリンがまったく分泌されないか、もしくは、分泌量が非常に少なくなります。そのため、糖尿病患者は必要なインスリンを、注射またはイプソポンプのような特別なポンプシステムで「体外から」供給しなければなりません。この治療を必要とするのは、1型と呼ばれる、糖尿病患者のなかでは少数派といえるタイプの患者さんです。1型糖尿病は、これまでのところ、自己免疫疾患と捉えられています。これに対し、糖尿病患者のおよそ90%が2型糖尿病です。このタイプの糖尿病は、特に中高年や太り過ぎの人に多く発症します。2型糖尿病は、インスリンを注射することなく、健康な食生活と十分な運動により改善や予防が可能です。

品質特性としてのmaxon

約50個の構成部品からなるポンプはスイスで製造されています。「プラスチック部品は射出成形プロセスで自ら製造しています」という同社にとって、最も重要なサプライヤがmaxonです。ポンプのドライブモジュールには、EC 9.2 flatにマイナーな変更を加えたモータが使用されています。これが小型の寸切ボルトを駆動します。その先端に、液体をアンプルからホースを経由し体内へと注入するキャップが付いています。この注入システムは、従来の注射器のメカニズムをかなり受け継いだものとなっています。インスリン供給量は高精度に制御されていなければなりません。このため、ドライブも非常に正確に機能する必要があります。「maxonのモータは、弊社のインスリンポンプの重要な構成要素です」とトーマス・ツェルナー氏は言います。「医療技術の分野に製品を提供できるほど高精度な製造スキルをもつプロバイダは、maxonをおいては他になかなかいないでしょう」。

インスリンポンプのマーケティングにおいても、maxonというブランド名が持つ力は少なくありません。「私たちが使用するモータは、どれでも良いわけではありません。私たちは、スイスのメーカーmaxonの高品質ドライブを使っているのです。このことは、患者さんや弊社の訪問客にも常に強調しています」とトーマス・ツェルナー氏は付け加えます。特に医療技術分野においては、「スイス製」であることは、顧客や患者に信頼を置いてもらうために大切な事実なのです。

イプソメッド社とmaxonの円滑なパートナーシップは、今後も確実に継続していくでしょう。ツェルナー氏によれば、イプソポンプの生産量は、今後数年間にわたり著しく上昇する見込みです

 © maxon motor ag

お問い合わせ

マクソンジャパン株式会社

東京都新宿区新宿 5-1-15〒 160-0022日本
03-3350-4261 03-3350-4230
お問い合わせ